レディース

オークリーフ マツモトパルコテン

Oak Leaf 松本パルコ店

Oak Leaf 松本パルコ店

0263-31-5005

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:

キラキラナガノ

田中 康司

Tanaka Koji

プロフィール

【生年月日】1974/2/4
【出身地】松本市
【血液型】Aだと思う
【ながのうらない】何だか憎めない天然キャラ「あんず」
【趣味】特になし

略歴

・清水中学校卒業
・20歳くらいまで定職に就かずアルバイトなど時々するぷらぷらした生活を過ごす
・PCを購入して独学でCG、グラフィックデザインを学ぶ。
・いくつか就職の面接を受けるが採用されず、これで受からなかったらあきらめようと思っていた最後のデザイン会社に採用され、広告制作、チラシ、動画制作など仕事をする(約3年半)
・過去に就職試験を受けて採用されなかったマニュアル制作の会社に経験をかわれて転職。ソフトウェアの翻訳業務を担当する(でも、英語は中学生レベルもできません…)
・洋服の販売員をしていた奥様と結婚したことを機に、雑貨と洋服のお店を出す準備をはじめる
・2007年3月 オークリーフ並柳店OPEN
・2011年3月 オークリーフ松本パルコ店OPEN
・2012年よりなわコレ実行委員長を務める

※なわコレとは?
2012年8月に地元の融資が集まって、温故知新をテーマに「なわて通り」を会場にしたファッションショー。2回目となる今年は、プロのモデルさんをゲストに招き、演出にもこだわるなどよりクオリティーの高いイベントとして9/21に開催

キラキラの素顔

20歳位まで目標もなく現状に不満はあるけど何をしていいかわからずだらだら生きてました。ある時ふと、できることを目標にしようとすると何もできないから、できそうもないことを目標にしてそれに向かうのもいいかなと思い「テーマパークを作ろう」って決めたんです。それには、ミッキーみたいなキャラクターが必要→絵を描くのにPCが必要→それを買ってCGを勉強しようって少しずつ前に進めたんです。もちろんすぐには就職できなくて試験には何度か落ちて凹みました。だから最初にCGの仕事に就いたときは、その世界で働けていることが嬉しくて、デザインや動画制作の知識、最終的にはエンジニア系の仕事まで技術を身につけられたんです。一つステップを上がれたら次のステップも信じられる、だから頑張れたと思います。今はちょっとテーマパークとは違う仕事をしていますが…夢とか目標って大事です!

もともと何か自分でしたかったのと、洋服販売の仕事を10年やっていた妻と結婚したこともあって独立しました。私が広告制作の仕事もしていたので、お店のプロデュースや宣伝は私が主に担当しています。雑貨と服のあるお店は、いつきても楽しいと思うんですよね。

気になること

【なわコレ】今回は松本発信型ファッションフェス。四柱神社をランウェイにして行うファッションショーを中心にいくつかのイベントがあります。食事をしながらショーを楽しんでもらう感じです。ショーは、地元のアパレルショップがスタイリングし、ヘアデザインとメイクは地元の美容師さんとメイクアップアーティストさんが担当。アシスタントに松本理美容専門学校の生徒さんと、松本衣デザイン専門学校の生徒さんがつきます。洋服屋さんって、飲食店みたいに組合とかないので、これによってファッションを生業とする業者の横のつながり、学生さんとの連携で縦のつながりができたことはよかったです。業界が違うと考え方も違うし、洋服屋さんはそれぞれ理念とそれに対する真剣な思いがあります。でも、自分の世界観を持ちつつ他の人の価値観を理解する土壌ができてきたのでこの業界が松本の街を活性化できたらと思っています。ファッションは20代から30代の女性を集める華やかさがあると思うんです。ユーストリームで全国発信もするので、松本っていい街だなって、地元の人も観光の方も思ってもらえたら嬉しいです。
【本業】やらないといけない書類が溜まっている…

☆彡だったら☆彡したい

今なわコレをもっといいイベントにしたいってことしか考えてなくて…
参加店舗は、みんなファッションを生業としているので、ファッションショーも中途半端なものにはしたくないんですよ。プロが見ても、一般の人が見ても納得できるいいものしたい。ショーの作品として優れたものでありつつ、多くの人の心に届くもの。そのバランスは苦戦するところですね。

今回、異業種の方の仕事現場に行ったり、お話をしていくなかで、ファッションって服も髪もメイクもメガネも全て含めてトータルでファッションだから、ある意味そこまでアドバイスしないと完成しないんだな~、今までお客様にそういう提案をしたことはなかったなーと気づかされました。こういうイベントを通してファッションというカテゴリーの中でもボーダーレスになって、トータルでファション感度の高い町になるといいなって思ったりします。蔵の街という古いものを大切にする文化レベルの高さと上手に融和するような上品さというか。なわコレを最初の一歩としてここから何かうまれたらいいなって思いますね。

一問一答

■子どものときなりたかった職業
漫画家(絵は苦手でした)
■どんなお子さんでしたか?
…元気でした
■子どものときの遊びは?
サッカー、野球
■部活
野球部と水泳部に入って辞めちゃうみたいな生徒でした
■素敵な女性を見極める
それがわかったら苦労ないです
■最近はじめてしたこと
スポンサー集め 営業活動ってしたことなかったんです。
制作の仕事とエンジニアは内勤だったし、洋服屋さんはお客さんが来てくれます
■生活に欠かせないもの
お酒
■子どもだなあと思うとき
すぐいらっとする、顔にもでちゃう
■年取ったなあと思うとき
いらっとしても多少我慢できるようになった
■どんな性格ですか
短気で陽気
■ストレス発散
お酒、娘と遊ぶこと
■仕入れ商品の選び方
モノを選ぶときって直感です
■街づくりに興味を持ったのは?
最初の店舗を並柳に出したら、そこにうちのお客さんが来るようになって、スヰトさんができて、さらに人が集まるようになって、どんどんお店ができたんです。こうやって人が集まる場所を作ると街ができるんだって思ったのがきっかけですね。

キラキラココロスコープ

■癒し系人間度診断

「まるで天使!奇跡の癒し系人間」
あなたの癒し系人間度は高すぎるワン。普通の癒し系とは次元が違うスーパー癒し系人間なの。あなたの体からは安らぎオーラが出まくっていて、近づくものすべてを片っ端から癒してしまうんだワン。家族や友だち、職場の人たちはもちろん、動物も、植物だって癒すでしょう。優しい性格と人間としての器の大きさ、おっとりした仕草、スローテンポな口調など、いろいろな要素が複雑にからみあって、絶大な安らぎオーラを作り上げています。いうなればあなたは歩くオアシス。周りには自然と人が集まりますから、寂しさとは無縁です。ただ、人生に疲れきって安らぎを求める人ばかりがよってくるので、さすがのあなたも気分が暗くなることがあるかもしれません。他人に癒しを与えてばかりで、自分はどんどん疲れてしまう、なんてことにならないように、よいパートナーを見つけて、お互いに癒しあえる関係を目指してね。

編集後記

デザイナーさんの新作発表の場であるファッションショーではなく、「神コレ」「東京ガールズコレクション」など既製服のファッションショーを目にすることが多くなりましたよね。地域振興を兼ねたストリートファッションショーもここ数年若い女性に人気なんだそうです。
「なわコレ」が松本発信のファッションショーとして、そのなかでどんな位置となるのか楽しみですね。「四柱神社をランウェイに」と聞いたときに、極めて日本的な建築物と、最新のファッションの組み合わせはとても見てみたいと思いました。

田中さんのお話のなかで、若いときの「テーマパークを作ろう」という目標にはいささかびっくりした私でしたが、現在なわコレを通して人を集める場所づくりをされているところを見ると、それほど遠くないことをしているなあと思いました。「目標があると前にすすむエネルギーになる」って信じていいのかもしれないです。
私、只今漠然と生きている真っ最中 (_´Д`)ノ~~
できるできないを考えると決められないそうなので、とりあえず生きているうちにしたいことを10個くらい書き出してみようと思います。(取材:しゅり

おすすめのクチコミ  (1 件)

このお店・スポットの推薦者
女性 midori さん (松本市/30代) (投稿:2013/08/23  掲載:2013/09/11)
  • 女性 midori さん  (松本市/30代)

    並柳にもお店のある洋服と雑貨のセレクトショップ。価格と品質のバランスがちょうどいいと思います。普通に着やすいけれど、小さなところにこだわりがあるさりげないおしゃれが楽しめる洋服があります。 (投稿:2013/08/23  掲載:2013/09/11)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット