美術館・博物館

キュウセイコウトウガッコウキネンカン

旧制高等学校記念館

旧制高等学校記念館

0263-35-6226

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:
  • 行ってみたい!…1人
  • とっておき…1人
  • 隠れ家的…1人

全部見る

住所 県3-1-1, Matsumoto-shi, Nagano
松本市県3-1-1
TEL 0263-35-6226

※お問い合わせの際は「ずくラボ!を見た」とお伝えいただければ幸いです。

FAX 0263-33-9986
営業時間
09:00~17:00
入館は16:30まで
店休日 月曜日
休日の場合は翌日、年末年始(12月29日から1月3日)
駐車場
150台
リンク

オススメ

入館料
個人
大人(高校生以上) 300 円
小人(中学生以下) 無料
団体(20名以上)
大人(高校生以上) 200 円
小人(中学生以下) 無料
旧制高等学校展示
松本高等学校展示
芸文の華

お店・スポットからのメッセージ

旧制松本高校ばかりでなく、全国的に旧制高等学校の資料を収集し、未来への架橋となるよう開館しました。特に重要文化財の旧松本高等学校校舎を館内から見ることができる中で、思誠寮の1室の再現や、当時の学生の資料を見ることで深く思いをはせれます。


おすすめのクチコミ  (4 件)

このお店・スポットの推薦者
男性 ほう さん (松本市/40代) (投稿:2010/07/05  掲載:2010/07/05)
  • 女性 まるこ さん  (松本市/40代)

    北杜夫と松本展を見てきました!如何にも旧制高校生らしいタイプに面白く良かったです(^o^)また展示も分かりやすく見易くていいですね(^o^)3階から旧校舎と中庭を眺められるテーブルと椅子があるのもいいですね(^o^) (投稿:2013/09/15  掲載:2013/09/17)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0
  • 男性 のぼちゃん さん  (松本市/50代)

    重用文化財に指定されている本館と講堂は大正時代の木造建築ということですが保存状態がとても良いのには驚きます。当時の旧制高校の学生は今の高校とは比べ物にならないくらい向学心に燃え、また思想の高さを感じることがでます。 (投稿:2012/08/29  掲載:2012/08/30)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0
  • 女性 えみこ さん  (松本市/50代)

    各界で活躍する多くの人材も巣立って行った「松高」の名で親しまれた旧制高等学校。文学界では、臼井吉見・中島健蔵・唐木順三・辻邦生も卒業生ということです。北杜夫の『どくとるマンボウ青春記』にも彼の松高時代は描かれています。制服や校章、松本高の校舎の模型など見どころは多いと思います。また旧制松本高校ばかりでなく1950年(昭和25年)の廃止まで全国に41校あった旧制高等学校に関する当時の写真やパネルも展示しています。本館と講堂は、あがたの森文化会館として市民に開放されていて見学は自由です。 (投稿:2012/03/23  掲載:2012/03/26)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0
  • 男性 ほう さん  (松本市/40代)

    あがたの森の正面の入口から少し入ったところに入口があります。レンガづくり?の建物です。入口すぐ左側のブースでよく小さな展示会をしています。ふらっと入ると意外な展示をやっていて、おもしろく見させていただいています。上はいろいろ展示物があるのですが、実はまだ行った事が、ありません。今度は見に行こうと思っています。 (投稿:2010/07/05  掲載:2010/07/05)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

このお店・スポットをお気に入りしている人はこちらも見ています

周辺のお店・スポット