美術館・博物館

タブチユキオ キネンカン

田淵行男記念館

田淵行男記念館

0263-72-9964

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:
  • 行ってみたい!…1人
  • お気に入り…1人
  • おススメ☆…1人

全部見る

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、営業時間・店休日など変更となっている場合がございます。

キラキラナガノ

長尾 小百合

Sayuri Nagao

プロフィール

【生年月日】1982年11月24日
【出身地】安曇野市穂高
【血液型】O型
【趣味】音楽(90年代のR&Bやヒップホップ)
【ながの占い】温泉

略歴

松本県ヶ丘高等学校英語科卒業。
日本大学 法学部法律学科法職課程卒業。
松本市内の法律事務所に就職。(1年間勤務)
武蔵野美術大学造形学部 文化支援コースに編入。
(通信教育のため働きながら学び、学芸員資格を取得。)
松本市梓川アカデミア館に学芸員として勤務。(1年間)
2011年4月、田淵行男記念館に勤務。

キラキラの素顔

【学芸員になるまで】
美術自体子供の頃から好きだったんですが、美大に通う前までは趣味の域を出ない程度でした。高校卒業後は法学部のある大学に進んで、卒業後も法律事務所の弁護士秘書のお仕事をしてました。でも私には合っていなかったんでしょうね。逃げ出したかったです(笑)ストレスを溜めては美術館に行って、心を癒してまた仕事に向かうという感じでした。そういう時に自分にとっての美術の大切さを改めて思い知ったということもあって、周囲の反対を振り切り美大に編入して、学芸員の道に進みました。
【学芸員の仕事】
色々な美術館で働く中で、学芸員はただ単に作品と向き合うだけではなく、それに携わる人達との交流がすごく大事だということを知りました。人と人との交流の中から展覧会の話に繋がったり、作品を貸していただけたりと仕事が広がっていくんです。作品の良さや、作家さんの創作活動に対する強い想いというものも感じ取れます。研究職でひたすら論文書いたり調査したり、保存したりというお仕事ももちろん重要ですが、色んな講座を作ったり、色んな人からお話聞いたりするのも仕事の一つとしてすごく大切なことなんです。

気になること

【ネイチャーフォトの殿堂に…】
『田淵行男記念館』を自然写真のメッカにしたいんです。自然写真に特化した館というのは全国的に見ても少ないので、ここが殿堂となるような館になれば良いなと。色々な試みで自然写真というものを盛り上げていきたいです。
☆お仕事の一つ!(※右下写真参照)
虫は苦手でしたけど、この館に来てどうしようもなく虫を扱わなきゃいけないということに気付き、今も一生懸命育てています(笑)
【楽器】
また何か楽器をやりたいんです。高校の時にすごく熱心に3年間バンド活動をやっていたので、ドラムとベースを両方やりたいですね。自分の趣味を増やしたいなあと思っていて…20代最後の年なのでちょっと色々焦ってるんですよ(笑)
【りんご音楽祭】
ホームページをみると、地元の文化への貢献のために企画されたことがよく分かります。私も地元の文化向上の為に学芸員という立場で美術発信をしているので、そういう想いが一緒だと思います。去年も行ったんですが、県外の人も多くてすごく大規模で、私も文化に携わる一人として、すごく勇気づけられました。もちろん色々なバンドを見れるのも楽しいです。

☆★だったら★☆したい

~老後は少年院で美術教育活動~

私は一生学芸員でいたいのですが、その最終目標なんです。
法学部時代は少年法を専攻していて、少年院にボランティアで行って、そこにいる子達のお兄さんお姉さんの役になって色々な相談を聞いたり、クリスマス会とかイベントを企画して交流するような活動をしていました。そこで交流した子達は、自分の気持ちを上手く表現できなかったり、心の寂しさを紛わすことが苦手なだけなんじゃないかと感じました。
私は美術というものに救われたので、そういう所で絵を描いたり、何か物を作って、自分の感情をぶつける方法としての美術教育をしたいです。数名でも良いから、美術というものを表現方法の一つとして捉えてくれれば良いなと思ってます。
60歳くらいまでは学芸員としてバリバリ働きながら、美術教育を勉強&模索していって、人間的にも成熟して万全の態勢で臨みたいです。

一問一答

Q:子供の頃の自分はどんな子でしたか?
大人しかったですね。自分でどんどん行くタイプではないし、一人で遊んでいられるような子でした。
Q:小さい頃になりたかった職業は何でしたか?
トマトになりたいとか言ってました。純粋に好きだったから(笑)
Q:ストレス発散方法を教えてください。
ひたすら音楽鑑賞、美術鑑賞です。あとひたすら散歩ですね。目的もなく、一時間くらい家の周りをうろちょろ歩いてたりします。
Q:生活で欠かせないものは?
ペン。プライベートでもいつも持ち歩いてます。これ面白いと思ったらメモしたり、美術館でも活かせるかもと思うものをチェックしたりしてます。仕事がともかく好きなので、プライベートと仕事の区別がついてないんです(笑)
Q:今まで影響を受けた物。
【与謝野晶子『乱れ髪』】女性が自分の気持ちを述べることを禁じられていた時代に、周りに流されずに女性の地位の向上に貢献しているところがすごいと思います。
【田淵行男】生物学者としても高山蝶の分野ですごく貢献した人。そういうパイオニア精神がすごいなって思います。ブレないところや、諦めない点も尊敬してます。

キラキラスコープ

動物占い

<恋に生きるさびしがり屋なウサギ>
あなたはウサギ。とてもさびしがり屋だワン。人が大好きで、孤独が大嫌い。他人の長所を見つけるのが上手で、だれにでも好かれる性格だよ。あなたにとって、一番大切なのは、他人との信頼関係です。ひとりのさびしさをうまくまぎらわすことができないので、信頼できる人がそばにいないと、ストレスを感じてしまうんだワン。恋に生きるタイプといってもいいでしょう。素直で明るいので、恋人を作るのに苦労はしないと思うけど、さびしがり屋の性格が、浮気につながりかねないので、その点は注意だワン。頭では浮気はいけないと分かっていても、さびしさに耐えられない人なので、「さびしくなったら浮気しますから」とあらかじめ恋人に宣言しておいたほうがいいかもね~~。

【感想】
やや合ってるかと(笑)孤独は別に大丈夫ですが、それ以外はほぼ合ってます。
  

編集後記

お洒落でキラキラした長尾さん。学芸員という職業への真摯な姿勢感じました。私も学芸員というお仕事は研究だったり、論文を書くことだったりという、どちらかというとデスクワーク中心の内容を想像していました。なので色々なお仕事内容や心構えを聞いてびっくり!昆虫まで育てちゃうんですね(笑)
お話しを聞いているととても濃密な時間を送られていることが分かります。「忙しい20代でした。」と素敵な笑顔、大変な中でも充実されています。作品や作家さんへの造詣も深く、説明をお聞きするのもとても楽しいですよ。

「☆★だったら~」の右横写真の中のさなぎは見つかりましたか?
ちなみに私は実物を教えていただくまで分かりませんでした…
(取材:すみ

おすすめのクチコミ  (3 件)

このお店・スポットの推薦者
女性 芋。 さん (松本市/30代/Lv.41) (投稿:2011/08/07  掲載:2011/09/13)
  • 男性 みるとーら さん  (松本市/20代/Lv.3)

    山登りをする自分にとって、今ほど充実した装備もなく重い機材を背負って、研究のために山に入ったその想いに感銘を受けました。 (投稿:2013/07/01   掲載:2013/07/02)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0
  • 女性 えみこ さん  (松本市/50代/Lv.33)

    田淵行男は、北アルプスと自然豊かな安曇野をフィールドに、蝶やアシナガバチの生態研究や、山岳などの自然写真撮影に半生を捧げた人物だそうです。スケール感あふれる山岳写真やチョウの細密なスケッチなど、彼の繊細な人物像や、また、自然への敬愛が伝わる作品を鑑賞できると思います。 (投稿:2012/03/21   掲載:2012/03/22)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0
  • 女性 芋。 さん  (松本市/30代/Lv.41)

    近辺へよるなら是非お勧めしたい記念館です。内容は自然の写真や当時に利用していたカメラ等、多数の展示がありました。 正直、私は虫がかなり嫌いです。しかし今回はじめて「どの虫も綺麗で神秘的」と感じた写真家でした。更に目を見張るのは蝶の緻密画です。この圧巻的な緻密なリアリティは映像ではなく現物を見たものにだけ伝わる素晴らしいものでした。 期間限定で他の写真家の展示会なども行っており、次に行くのが楽しみな場所の一つです。 (投稿:2011/08/07   掲載:2011/09/13)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

このお店・スポットをお気に入りしている人はこちらも見ています

周辺のお店・スポット